« 最近、家で飲むときは・・・ | トップページ | 携帯オフ »

2006年10月19日 (木)

宇宙で花火!?

昨日撮った写真を見ながらインパクトのあるタイトルを考えていたら、超変化球になってしまいました。(^^;  20061018176_2

「火山が火事ぃ?!」とかいろいろ考えたのですが、ボキャブラリーが貧困でして・・・(悲)

20061018110_2

Hi360009

この写真を見ておわかりの方もいらっしゃると思いますが、東京ディズニーシーです。

しかも水曜日!ウィークデイのど真ん中に小3になる娘を休ませて・・・(^^;;;

予てから運動会の代休とかに行こう!と娘と約束していたのですが、以前の職場では平日に「事前申告して」休むのが困難でありました。が、今回の職場は言い易い雰囲気があったので、決行に踏み切ったわけであります。

で、なぜ水曜日になったかと言うと、長男の経験談からです。彼は、先日の3連休に学校行事があり、翌平日の火曜日(代休)を使い友人と突発的にココへ来ました。その際、平日と言えども大混雑でアトラクションには3つしか乗れず、しかもひとつ乗るのに3時間も並んでヘトヘトだった・・・との情報からです。

それなら折角だから、楽しい思い出を創るために・・・と小学校を休ませてしまったわけであります。
で、前日の連絡帳に「家の都合で休ませます」と書いて、先生に提出させました。
ささやかな幸せの為にお願いしまぁーす。せんせ!(^^;ゞ

カミサンや子供達は以前にも行っているのですが、初体験なわたくし・・・事前に「こどもと行く、ディズニシーナビガイド」なる本で予習したり、攻略サイトなんかを探ってみたりして、おべんきょーしました。右回り?左回り?ファストパス?食事も予約が楽?・・・ふむふむ。知っておくと便利なことが結構あるんですねぇ。

長男・次男を学校へ送り出し、8時半過ぎにはいざ出撃です。都内の渋滞にハマリつつ、10時過ぎの到着でしたが、やっぱり水曜日ですね。結構空いていました。ファストパス(FP)を2回ほど使い、その他は、並んでも5分~20分でした。ひとつだけ、50分待ちがありましたが、FPを発券しようとしたけれど、歩き疲れたので並びながらホットドッグを食べ休憩を兼ねたものでした。

夕食は、予約しておいたビュッフェでバイキングです。ここはTDLとは違い、折角アルコールが置いてあるのに運転手な私は飲めません。飲めない代わりに2日分くらい食べました(^^; その後、最後のFPの時間が来たので、今春からオープンの一番怖いとされるアトラクションに乗りました。なんとここで、娘が大泣きしてしまいました。(><;
計画開始から2週間・・・ここまで築き上げてきたお父さんの努力もガラガラと音を立てて崩れていくのかぁ(泣)・・・と思いきや、「怖かった・・・けど、楽しかったよぉ」の娘にホッ(^。^;

とは言っても、お父さん的には運転手兼場所取り兼撮影班に変わりはありませんですね。結構ヘトヘトな平日休暇でした(^^;;;

|

« 最近、家で飲むときは・・・ | トップページ | 携帯オフ »

コメント

 
 とっても良い思い出が作れて良かったですね。

 泣き出してしまったのは、タワー・オブ・テラーですね。私は、シーのそれにはまだ乗ったことはありませんが、違う場所で体験しました。初めての時は何が起こったのか訳が分からず、真っ青になったのを覚えています。お嬢さまが泣いてしまう気持ちもわかります。それも、良い思いでということで。
 

投稿: じゃいあん | 2006年10月20日 (金) 18時26分

★じゃいあんさん
コメントありがとうございます。
タワー・オブ・テラー・・・・当たりです(^^;
良い思い出になってくれればよいのですがねぇ。
本場フロリダでは、どのくらい並ぶのでしょうかねぇ?

投稿: いわどん | 2006年10月21日 (土) 12時22分

すみません、お付き合いいただきまして。

フロリダは、FastPassなどを上手につなげて行くと、あまり並ばずにアトラクションは乗れるみたいです。作戦を間違えて20分程度の待ち状態に陥ったこともありますが、そんな程度じゃないかしら? まだまだ、こちらでは人気のアトラクションです。

一方で、ロサンゼルスは都市近郊にありますから、東京の状況に近い印象です。でも、来訪時はそんなに待ちませんでしたし、Tower of Terrorに関しては逆にパスポートの提示なしでFastPassを配布していました。どうやら、ロサンゼルスでは既に成熟したアトラクションなのかも知れません。

その場、その場で、人気状況が異なるみたいですね。

投稿: じゃいあん | 2006年10月21日 (土) 16時13分

★じゃいあんさん
本場の状況ありがとうございます。
参考になります。
と言っても、うちは行くことはないだろうなぁ・・・たぶん(^^;

投稿: いわどん | 2006年10月22日 (日) 08時58分

うちは先日TDLへ行ってきました。
平日でもハロインでか結構こんでてびっくり(>_<)
何年ぶりかで行ったTDLだったんで
朝から閉園までしっかり遊んできましたです。
疲れたけど楽しかったぁ~
帰りは家まで30分程度なのが助かります(^^)

投稿: 君ちゃん | 2006年10月22日 (日) 18時05分

★君ちゃん
この日もTDLの方は、朝から駐車場渋滞してました。
それを横目にシーに入りました。
やっぱりこの時期はハロウィンですねぇ。
あのキャラが仮装するんですねぇ。
暑そうですねぇ・・・着ぐるみで仮装(^^;

君ちゃんちは近くていいですね。
でも、うちも45分くらいでしたよぉ<帰路

投稿: いわどん | 2006年10月22日 (日) 18時58分

やっぱり乗り物があるところは平日に楽しむのが一番でしょうね♪
といっても、うちの末っ子はまだ3歳なので
ゆうえんちおろかアスレチックの遊具でさえ抱っこして遊ぶ始末。
先日とし○えん(日曜だっていうのにガラガラでした・・・)
へ行きましたが上ふたり組と私末っ子組で二手にわかれ遊んだので
写真は末っ子だけ(笑)ふたりで行ったみたいでした・・・

ってココにカキコしていないでブログ更新しなさいって?^_^;

投稿: ゆえま | 2006年10月23日 (月) 14時44分

更新&かってにバナー作っちゃった(笑)
ごめんなさいm(__)m

投稿: ゆえま | 2006年10月23日 (月) 16時17分

 Tower of Terror なのですが、TDSのそれと、フロリダ・ロサンゼルスのそれとは、全く異なります。

 私の仮説では、版権の問題だと思うのですが、同じフリーフォールタイプのアトラクションだったとしても、そのストーリーが、TDSではオリジナルということです。


 TDSの舞台はNY。希有な大富豪のハリソン・ハイタワーIII世が建設した“ホテルハイタワー”には、彼が世界各地から収集した珍しいコレクションが多く展示されている。しかし、それらを入手するためにさまざまな悪い噂も流れていた。

 1899年の大晦日、新たにコレクションしたアフリカの“シリキウトゥンドゥ”を披露するパーティを開く。しかし、その最中、最上階の自室へエレベーターで向かった彼が姿を消してしまう。それから、オーナ不在のホテルハイタワーは経営難に陥り、いつしか、恐怖のホテル「Tower Of Terror」と呼ばれるようになり荒廃した。

 事件から13年後の1912年、建築物として歴史的価値が高いことから、ニューヨーク市保存協会によって修復作業が行われ、「Tower Of Terror」ツアーと呼ばれるミステリーレビューツアーが開催されるに至るが、その最中に悲劇が起こる…。

 というような物語がTDSです。

 一方で、フロリダやロサンゼルスは、米国で1959年から1964年まで放映された SF のテレビドラマシリーズの“The Twilight Zone:トワイライトゾーン”(日本では“ミステリー・ゾーン”というタイトルで放映)されたストーリーがモチーフになっています。たぶん、私達世代は、タイトル音楽を聴くと番組は判ると思いますよ。「タラリラ・タラリラ・…」って感じの曲っす。(^^;

 The Twilight Zoneの物語での舞台は、Hollywood。ホテルの名称は“Hollywood Tower Hotel”です。嵐の中にチェックインした宿泊者が、ボーイと共にエレベーターへ乗ってしばらくした瞬間、雷がホテルを襲って落雷。その衝撃と感電で乗っていたメンバー全員が異次元の世界へという物語です。

 これをモチーフとして、その“Hollywood Tower Hotel”にゲストとして入場。エレベータに乗り込むとあるはずのない13階にエレベータが止まり、異次元世界へ落下という流れ。

 思うに、日本では“The Twilight Zone”の認知度が低いことと、版権料の支払等の関係で、オリジナルストーリにしたのかな、と勘ぐっています。(^^;

 フロリダは数回訪問していますが、昨年の訪問時は、このアトラクションがセーフティバーからシートベルトに変わりました。『?なぜ?』と感じ、パンフなど、くまなく読み倒しましたら、こんな一節が…。

 “Tower of Terror 4:2度と同じ悲鳴は聞くことが出来ない”

 どうも、単純なじフリーフォールタイプというわけではなく、落下・停止・落下といった不規則な動きをコンピュータが微妙に、そのタイミングを変化させ、外部を見せる扉の開閉も調整するシステムのようです。私も、デジカメを片手に扉が開くタイミングを見計らっていましたが、調子が狂ったこともありました。複数回乗ると、その違いがわかるかも知れません。

 また、ロサンゼルスとは異なり、フロリダには、“5th Dimension”と呼ばれ落下前の体験演出があり、落下する前に水平上の移動があります。もっとも、これは構造上の問題だと、私的には考えていますけれど。


 そういう訳で、私はTDSのアトラクションに乗ったことがありませんが、かなり事前の演出(展示してあるものなどを含めて)が異なりそうですね。

 私も、機会を見つけて、出掛けてみたいな、と思います。

投稿: じゃいあん | 2006年10月23日 (月) 23時33分

★ゆえまさん
ブログ更新再開おめでとーござあいます(^^;ヾ
バナーも作ってくれてサンキュ!
あちらにもコメントさせてもらいますねぇ(^^)v

投稿: いわどん | 2006年10月24日 (火) 22時06分

★じゃいあんさん
流石、博学!・・・っていうか、ディズニーおたく?(^^;
ストーリは事前に把握しておいた方がいいですね。
私もネットで検索してストーリーを知りました。
スタンバイで並んでる時間にこれらの情報を得ることが出来るのですが、空いてるときやFPなどではスルーしてしまうことが想定できますからねぇ(^^;
それにしてもじゃいあんさん、ネタばらしになっちゃう鴨(^^;;;


投稿: いわどん | 2006年10月24日 (火) 22時13分

 
 そうねぇ、ディズニーお宅なのは、否定できないかも知れない。大々大好き。(^^;

 それと実際にアトラクションに乗らないと、ネタバレにはならないでしょう? 事前の情報は、たくさんあった方が良いと思います。ちなみに、TDSのTower Of Terrorでは、アフリカの“シリキウトゥンドゥ”を船揚げする絵画や偶像などが配置されていて、演出的に結構良くできていると聞きました。

 あと、これも余談なんですが…。

 アメリカンウォータフロントに停泊する豪華豪華客船SSコロンビア号は、処女航海を控えてNY港に停泊しているというシチュエーション。
 この船のオーナーは、コーネリアス・エンディコットⅢ世です。

 実は彼、ホテルハイタワー(Tower Of Terror)のオーナーであるハリソン・ハイタワーIII世の長年のライバルという設定です。

 もともと、アメリカンウォータフロントが、20世紀初頭のNYをイメージしているエリアだということもありますが。なかなか、こういうエピソードも知っていると面白いですよね。
 
 アメリカンウォータフロントというと、個人的にはブロードウェイ・ミュージックシアターで実施されるショーが大好きです。時間も手頃で飽きないし、新たに費用が掛かるわけでもないし。

 それから、異なるエリアですが、マーメイドラグーンの「マーメイドラグーンシアター」は必見。このミュージカルはストーリーこそDLR、WDWのそれと同じですが、演出は全然違います。TDSのそれが世界一!

投稿: じゃいあん | 2006年10月25日 (水) 22時37分

★じゃいあんさん
ほんとディズニーお宅だったんですねぇ。
お見それいたしましたぁ~~~m(__)m
・・・サイトでも立ち上げたほうが・・・(^^;;;

「マーメイドラグーンシアター」は拝見しましたよぉ。
娘がアリエルフェチなので当然のように入館しました。
この日は10分待ちでしたので助かりました。
アリエルなにのあり得ないぃ~とか言ってました(爆)

しかも最前列のカブリツキでした(^^;

投稿: いわどん | 2006年10月26日 (木) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140558/3887608

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙で花火!?:

« 最近、家で飲むときは・・・ | トップページ | 携帯オフ »